東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

損金になる役員報酬とは?

役員報酬は、従業員の皆さんへ支払う給与とは異なり、払った金額が全て損金(税務上の費用)になるとは限りません。

役員報酬を支給したときに、それを損金として処理することを無制限に認めると、役員報酬を課税所得の調整弁として恣意的に用いることができてしまいます。

そのため、役員報酬を損金として処理するには、一定の制限が課せられています。

具体的には、次の3つのいずれかに該当する役員報酬のみ、損金として処理することができます。

・「定期同額給与」
・「事前確定届出給与」
・「利益連動給与」

この3つのいずれにも当てはまらない役員報酬は、会社の税金を計算するうえで、損金とならず、その分の法人税を支払うことになります。

報酬を支給された役員には個人の所得税が発生し、支給した会社では法人税が発生するという点で、ダブルパンチになります。

それぞれについて、簡単に説明すると次の通りです。

「定期同額給与」
毎月同じ金額(固定額)を支給する役員報酬です。多くの会社では、役員報酬としてこの「定期同額給与」が用いられています。

「事前確定届出給与」
あらかじめ税務署に、支給する金額と支払日の届出をした上で、届出通りの金額を、届出通りの日に支給する役員報酬です。

「利益連動給与」
利益を元に一定の計算方法により計算した金額を支給する役員報酬です。
もっとも、「利益連動給与」は、計算方法を有価証券報告書に記載するなど一定の方法により開示する必要があるため、一般的に中小企業では採用されない支給形態になります。

~今回のポイント~
・税務上損金となる役員報酬は、「定期同額給与」「事前確定届出給与」「利益連動給与」のいずれかに該当するもののみです。
・3つのいずれにも該当しない場合は、その役員報酬を損金にはできず、支給を受けた役員の所得税と支給した会社の法人税の両方が発生します(ダブルパンチになります。)

(宮野)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談

☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

お知らせ

本日をもって郡司昌恭税理士事務所及び宮野亜希琴税理士事務所(サンライズ会計事務所)は法人化し、「あおい税理士法人(東京事務所)」となりました。

これまで以上にお客様のお役に立てるよう尽力いたしますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

なお、公認会計士業務は、引き続き郡司公認会計士事務所にて行っております。

書籍を出版しました

清文社より「会社役員ならこれだけは知っておきたい『精選 会計キーワード』」(郡司昌恭著)が発売となりました。

昨今、不正会計によるニュースがネットや新聞紙面を騒がせています。
適正な財務諸表を作成し開示する最終的な責任は経営者にあり、これまで経理や財務に携わった経験があるかどうかにかかわらず、経営者には会計に対する一定の知識が不可欠です。
また、取締役や監査役といった方々は、経営を監視・監督する立場にあり、その職責を果たすうえで、同様にバックグラウンドに関わらず財務諸表を理解する力が求められています。

<本書をお手に取っていただきたい方>
本書は、特に以下のような方にお読み頂きたいという思いで書きました。
○普段、会計や経理に直接携わっていないものの、財務諸表と無縁ではいられない取締役や監査役の方々
○内部監査や経営企画など仕事を行う上で、会計や財務諸表に触れる機会の多い方々
会計に対する深い知識をお持ちでない方を対象として、頻出43の会計キーワードに絞って、なによりもわかりやすさに重点をおいています。
そのため、専門的な見地からは細部の取扱いについての言及が足りないという部分もありますが、その点はあえてそのようにしているということでご理解下さい。

<本書の読み方>
本書は最初のページから順番に読んでいただくことはもちろん、自社で話題に上っていることや他社のニュースで気になったことなど興味・関心があるキーワードの箇所を直接お読みいただいても理解できるよう、基本的にはそれぞれのキーワードごとに独立した記述としたうえで、相互に関連する部分については該当キーワードの参照先を記載しています。
本書を通じて、『気にはなっているけれど、少しとっつきにくい』という印象を持っていた会計に対する理解が深まれば幸いです。

@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.