東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

法人が納める税金って何がある?

お客さまに「税金って色々な種類がありすぎてわからない。」と言われることがあります。

今回は、会社が一年間に支払う税金ついてまとめてみました。

会社ごとに若干異なりますが、一般的なケースを前提に説明します。

法人税・地方税
(確定申告)
事業年度終了の日の翌日から2か月以内までに申告書の提出と納税を行います。

(中間申告)
事業年度が6か月を超える場合には、6か月を経過した日から2か月以内に申告書の提出と納税を行います。
但し、下記の場合には中間申告は不要となります。
①前期の法人税額の6か月分相当額が10万円以下の場合
②新設法人の場合

消費税
(確定申告)
課税期間の末日の翌日から2か月以内に申告と納税を行います。
(中間申告)
直前の課税期間の年税額により下記のとおりとなります。

源泉所得税
源泉所得税は、原則、徴収した(給与の支払時に天引きした)日の翌月10日までが納期限となります。
但し、給与の支給人員が常時10名未満である会社が「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」を提出している場合には、下記が納期限となります。
1月~6月までに給与を支払った際に徴収した所得税等→7月10日
7月~12月までに給与を支払った際に徴収した所得税等→翌年1月20日

住民税(特別徴収の場合)
源泉所得税の原則と同様、徴収した(給与の支払時に天引きした)日の翌月10日までが納期限となります。
住民税には納期限の特例はありません。

固定資産税・償却資産税
年度及び各自治体により若干異なりますが、東京の平成29年度は下記の通りです。
第1期:6月30日
第2期:10月2日
第3期:12月27日
第4期:2月28日

1年間の会社の税金の流れを時系列にまとめると次のようになります。

(前提)

・事業年度(4月1日~3月31日)

・法人税・地方税中間納付あり。

・消費税は年1回の中間納付あり(前年の年税額は48万円超400万円以下)。

・従業員10名未満で「源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請」あり。

申告、納税を忘れることのないようご注意下さい!

(宮野)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.