東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

創業時の資金調達について「Vol.2 創業融資の審査のポイント」

 
融資をしてくれる金融機関は、審査のときに、何に比重を置いているのでしょうか?
 

それは、その企業の「過去」です。
「過去」とは、決算報告書であり、証拠書類となります。
「過去」の事実や実績を評価した上で、その企業の格付けや与信が決定されます。

 

さらにそこから「未来」の事業計画として、将来何を目指しているのか、どのように事業を展開していくのか、事業投資は何に対してするのか、という部分が追加的に評価されます。
つまり、既存の企業が融資を受けるには、毎年1回税務署に決算申告している、「税務申告書」「決算報告書」の提出が求められます。
 

 
ところが創業経営者には「税務申告書」も「決算報告書」もありません。
その場合の「過去」とは、

1.自己資金
2.経験・能力

ということになります。
 

 
1.自己資金

創業資金のうち、自己資金をどれくらい用意したかという、自己資金割合を満たしているかどうかが、重要な審査基準になります。
経営者の過去1年分の預金通帳もチェックされる場合があります。
自己資金として申告した金額が、正しいルートで蓄積されてきたものかが審査されます。
誰かから借りたお金であれば、それは自己資金とは言えません。
 

また、経営者個人の信用情報も重要な審査のポイントです。
預金通帳から、税金、水道光熱費、携帯電話代などを、延滞することなく支払っているかどうかも見られます。
 

2.経験

起業して営んでいく予定の事業に関連する経験を、会社員時代に何年経験してきたか、が審査対象となります。
例えば、税理士資格を持った弊社代表の宮野が、「税理士事務所を開業したい」と言えば、金融機関は過去の経歴から、お金を貸してくれるでしょう。
逆に、「美容室を開業したい」と言ったら、「ご経験はあるのですか?」と真っ先に言われるのは明らかでしょう。
 

 

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」

 

という言葉があるように、創業融資を成功させるためには、「自己資金」と「経営者の経歴」について、金融機関がどのような点に注目してくるのか、評価されるポイントは何なのか、資料としてどのようなものを提出する必要があるのか、また欠点がある場合にどう補っていくべきなのか等について、事前に知っておくことで、融資獲得の可能性は大きくUPするということがいえるかと思います。

 

(藤田)

 

 

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.