東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

2017年8月26日

個人事業主と法人設立はどちらが有利なの?「Vol.3 決算直前でも可能な節税対策」

「個人事業主と法人設立はどちらが有利なの?【Vol.2 個人と法人で税金はどう違う??】」では、

具体的な数字をもとに、下記の「③経営者の給与」の節税効果について、個人と法人の両方のパターンでの節税効果のお話をしました。

さて今回は、「④生命保険の経費化」について、個人事業主の場合と法人設立の場合のお話をさせていただきたいと思います。

≪個人事業主の場合≫

 

個人事業主の場合には、支払った生命保険は、「生命保険料控除」として税金を計算する上で考慮します。

払い込んだ生命保険料の金額に応じて、その年の所得から一定の金額が差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減される制度です。
所得税や住民税は、所得金額から所得控除の額を差し引いた金額から求めます。所得税の金額は、所得に一定の税率をかけて決まるため、所得控除によって所得が下がると、所得税と住民税も軽減されます。その所得控除の一つが、「生命保険料控除」です。

■生命保険料控除の対象となる保険

1. 生命保険会社との生命保険契約

2. 旧簡易保険や農協、漁協、生協等で契約した、生命共済や年金共済

3. 生命保険会社や損害保険会社と契約し、要介護状態、傷害や疾病によって保険金が支払われる保険契約

※国税庁:生命保険料の対象となる保険契約等⇒https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1141.htm

■年間の支払保険料と控除限度額
<控除限度額表>

生命保険料控除の適用限度額は12万円です。

新 + 新 + 新 = 最高12万円

旧 + 旧 = 最高10万円

新旧混合 = 最高12万円

つまり、どんなにたくさんの保険に加入したとしても、最高で12万円までしか控除が受けられないということです。

≪法人の場合≫

 

法人の場合には、個人事業主と異なり、適用限度額がありません。

そのため、一般的に、法人では生命保険を利用して節税することはよくあります。

また、節税としてだけでなく、会社のリスクに備えたり、退職金対策として活用することもあります。

■長所

1. 経費化されるだけでなく、貸付制度等の利用ができる

⇒支払済みの金額から算定される、定められた一定の金額まで、契約者貸付として一時的に現金化できる。

2. 一時に支払うことで、期末直前でも経費を作れる

⇒決算月の最終平日まで加入が可能。

3. 経費化の金額に際限がない

⇒保険の種類により、全額損金となるもの、半分損金となるもの、または1/3損金となるものがある。

■短所

1. 会社のリスクや長期的な資金繰り等を踏まえてやらないと、加入した目的を果たせない場合がある。

2. 節税額以上に、支出が生じる。

以上のように、同じ生命保険でも、法人と個人では取扱いが異なります。個人では経費にするためには、一定の枠があり、一方、法人はそのような枠がないため、大きな節税が可能となります。

(藤田)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年8月14日

中古車を買って節税??

よく社長から「中古車を買うと節税になるの?」と聞かれることがあります。
それについては、新車を購入した時と比較すると、購入した年に費用となる金額が多くなるため、
購入した年の節税になると言えます。

詳しくは下記で説明いたします。

まず、取得価格が10万円以上(中小企業企業者等は30万円以上)の場合は、固定資産に計上し、
法律で決められた年数(耐用年数)で費用となります。

具体的な数字で見ていきたいと思います。

期首にセダンの新車を600万円で購入しました。
通常、固定資産に計上し、耐用年数6年で定率法にて費用処理(減価償却)します。
(定率法以外の方法で償却する届出が出ている場合にはその方法となりますが、今回は定率法で計算します)

定率法にて6年間で費用処理した場合には、毎年このように費用となる金額が変わります。

一方、期首にセダンの中古車(4年経過したもの)を600万円で購入しました。
この場合には、一定の計算により、耐用年数は2年となります。
そのため、耐用年数2年で定率法にて費用処理します。
すると下記のように初年度でほぼ費用として処理できてしまいます。

これにより、購入した年に費用となる金額が多いのは中古車になります。
これが、「中古車を購入すると節税になる」と言われる理由です。

しかし、同じ金額で購入した場合、耐用年数が経過すれば、合計で費用とした金額は同じになります。
また、中古ということでメンテナンスに経費が多くかかってしまう可能性もあります。
節税効果以外の面も含めて新車を購入するか中古を購入するかを総合的に判断することが必要です。
(宮野)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年8月9日

個人事業主と法人設立はどちらが有利なの? 【Vol.2 個人と法人で税金はどう違う??】

個人事業主と法人設立はどちらが有利なの? 【Vol.1 税務・コスト面での有利不利】にて、「いざ起業!」となった際に決断すべき大きなテーマとなる、法人を設立すべきか、まずは個人事業主としてやっていくか、という最初に起こる疑問について、お話いたしました。

<比較表>

今回はその中でも、上記の「③経営者の給与」の節税効果について、個人事業主が法人を設立して社長になった場合に
どのようになるのか、具体的な数字をもとにお話していきたいと思います。

個人事業主は、
売上-経費=【経営者の給与】(取り分)
となり、最後に残った【経営者の給与】部分から税金が計算されます。
一方、法人化すると
売上-経費-【経営者の給与】=法人の利益
となり、法人の利益部分から税金が計算されます。

例えば、個人事業主で、売上3,000万円、経費1,800万円の場合所得税は、
事業所得1,200万円、そこから青色申告特別控除65万円と、基礎控除38万円のみを考慮するとします。
課税所得1,097万円となり、所得税:1,097万円×33%-1,536,000円=2,084,100円となります。

<所得税の速算表>

次に、この個人事業主が、法人を設立し社長になった場合はどのようになるのでしょうか?

個人事業主の場合と同様、会社の売上3,000万円、経費1,800万円とします。
この他に月100万円の役員報酬(取り分)を社長自身に支払ったとします。
役員報酬100万円×12か月=1,200万円

この場合の税金は法人税と所得税が発生します。

○法人税
法人の課税所得:3,000万円-1,800万円-1,200万円=0円
納税額は、赤字でもかかる均等割7万円のみ(A)

○社長の所得税
役員報酬は給与所得控除が使えるので、
社長の給与所得:1,200万円-220万円(給与所得控除)=980万円
課税所得980万円-基礎控除38万円=942万円
納税額は、942万円×33%-1,536,000円=1,572,600円(B)

(A)+(B)=1,642,600円
となります。

<給与所得控除と所得税の速算表>

つまり、個人の場合と法人の場合の差額は下記のようになります。
個人事業の場合(所得税): 2,084,100円
法人化した場合(法人税+所得税):1,642,600円
差額(節税効果):約44万円ほど

上記は、比較表③の経営者の給与が経費になるという要素を使っただけで、
社長の取り分はいずれにしろ、年間1,200万円のままです。

それだけでも、これほどの節税が可能となるわけです。
(藤田)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3ページ/ 612345...最後 »
@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.