東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

2017年10月5日

創業時の資金調達について「Vol.3 アベノミクスの創業融資制度と借入時のポイント」

アベノミクスで、「日本の開業率を欧米並みの10%にする!」
という目標を立ててから、政府は創業者支援を手厚く行ってきました。
今までの開業率は5%以下だったので、そうなると創業する人数が倍以上ということになります。
創業者向け融資も借りやすくなり、金利もとても安くなりました。

アベノミクスの創業支援政策で、「中小企業経営力強化資金」というものがあります。
創業のための融資ではありませんが、創業7年目までの会社であれば該当し、8期目以降の会社でも、新事業分野の開拓を進める場合には該当します。

特徴としては
・2,000万円までは、無担保・無保証での申込みが可能。
・金利が通常の融資よりも低い(1.1%から1.35%)。
・金利の返済のみで済む「据置期間」が通常の融資よりも長い。
といったかんじです。

詳しくはこちらのページをどうぞ→中小企業経営力強化資金

「自分も簡単に借りれそう!」
とお思いかもしれませんが、創業融資を受けるには、いくつかコツがあります。

①「自己資金」と「経歴」をチェック

 前回のブログでお話しした内容と重複しますが、金融機関が創業融資の審査で見るのは「過去」です。
 「過去」というのは、「自己資金」と「経歴」です。
 「自己資金」というのは、その人の過去の実績や実力、どれだけこの事業にかける思いが強いか、
 どれだけ周到に準備をしてきたかを物語ります。
 日本政策金融公庫では、自己資金の10倍までは可能、となっていますが、
 創業の初回の融資で10倍はほぼないと思ってください。

②創業したらすぐに借りに行く

 創業してからしばらくたって、売上が思ったほど上がらない、資金が足りなくなってきた…
 となってから借りに行くよりは、悪い実績が出てしまう前に借りに行く方が、結果的には借りやすいと言えます。
 銀行は、雨の日には傘を貸さないのです。
 赤字での融資打診は圧倒的に不利だということを覚えておいてください。

③融資に強い税理士を連れて行く

 実績のない創業者にとって、税理士が事業計画の作成を支援していることや、交渉の際に同席していることで、
 銀行の信頼性が増すことは間違いありません。
 金融機関とつながりがあり、金融機関を紹介してくれる専門家であれば、尚望ましいと言えるでしょう。

創業時にどれだけ調達できたかによって、創業の可否、事業を軌道に乗せられるかどうか、そしてその後の事業の成長スピードが全く変わってきます。
すぐに使える現金があるというのは、経営に非常に有利に働きます。
仮に現金が来月の仕入分しか手元になかった場合、その仕入以上の利益は生まれません。
資金があるだけで、経営者の意思決定の幅が大きく広がるのです。
「借りられるときに借りておく」
これが、融資の鉄則であり、資金繰りをうまく回すコツでもあります。

(藤田)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年9月22日

長野事務所を訪問

連休明けの19日に宮野税理士、郡司の2名で長野事務所に行って参りました。

台風の影響が心配でしたが、天候にも恵まれ爽やかな陽気でした。

善光寺前にて。ですが、この写真だと本堂は遠くてよく見えませんね・・・
 
(郡司)
 

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年9月22日

創業時の資金調達について「Vol.2 創業融資の審査のポイント」

 
融資をしてくれる金融機関は、審査のときに、何に比重を置いているのでしょうか?
 

それは、その企業の「過去」です。
「過去」とは、決算報告書であり、証拠書類となります。
「過去」の事実や実績を評価した上で、その企業の格付けや与信が決定されます。

 

さらにそこから「未来」の事業計画として、将来何を目指しているのか、どのように事業を展開していくのか、事業投資は何に対してするのか、という部分が追加的に評価されます。
つまり、既存の企業が融資を受けるには、毎年1回税務署に決算申告している、「税務申告書」「決算報告書」の提出が求められます。
 

 
ところが創業経営者には「税務申告書」も「決算報告書」もありません。
その場合の「過去」とは、

1.自己資金
2.経験・能力

ということになります。
 

 
1.自己資金

創業資金のうち、自己資金をどれくらい用意したかという、自己資金割合を満たしているかどうかが、重要な審査基準になります。
経営者の過去1年分の預金通帳もチェックされる場合があります。
自己資金として申告した金額が、正しいルートで蓄積されてきたものかが審査されます。
誰かから借りたお金であれば、それは自己資金とは言えません。
 

また、経営者個人の信用情報も重要な審査のポイントです。
預金通帳から、税金、水道光熱費、携帯電話代などを、延滞することなく支払っているかどうかも見られます。
 

2.経験

起業して営んでいく予定の事業に関連する経験を、会社員時代に何年経験してきたか、が審査対象となります。
例えば、税理士資格を持った弊社代表の宮野が、「税理士事務所を開業したい」と言えば、金融機関は過去の経歴から、お金を貸してくれるでしょう。
逆に、「美容室を開業したい」と言ったら、「ご経験はあるのですか?」と真っ先に言われるのは明らかでしょう。
 

 

「敵を知り己を知らば百戦危うからず」

 

という言葉があるように、創業融資を成功させるためには、「自己資金」と「経営者の経歴」について、金融機関がどのような点に注目してくるのか、評価されるポイントは何なのか、資料としてどのようなものを提出する必要があるのか、また欠点がある場合にどう補っていくべきなのか等について、事前に知っておくことで、融資獲得の可能性は大きくUPするということがいえるかと思います。

 

(藤田)

 

 

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

3ページ/ 812345...最後 »
@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.