東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

2017年7月24日

配偶者控除・配偶者特別控除が大幅変更(平成29年税制改正)

平成29年税制改正により、所得税は、平成30年分(2018年)以降、住民税は、平成31年度分(2019年)以降より、配偶者控除・配偶者特別控除が変更になります。

給与収入が1,120万円(合計所得金額が900万円)を超える方にとっては増税になりますが、その収入以下で配偶者の収入を押さえていた方にとっては、有利になる改正になります。

主な変更内容は下記の2点になります。

①38万円控除できる配偶者の給与収入の上限変更:現行の103万円から150万円に引き上げられました。

②配偶者控除を適用する際、納税者本人の所得制限:所得制限が設けられました。

※配偶者特別控除については、以前より所得制限がありました。

具体的には下記の通りになります。

(平成29年4月財務省発行『平成29年度税制改正』パンフレットより)

上記の図において、白太矢印の部分について配偶者特別控除額が増加しました。

その結果、38万円控除できる、配偶者の収入金額が103万円から150万円に増加しました。

また、段階的に控除額が減少する、配偶者の収入が141万円から201万円に増加しました。

(右にシフトしている部分について、収入上限の増加と考えられます)

(平成29年4月財務省発行『平成29年度税制改正』パンフレットより)

配偶者控除、配偶者特別控除の適用を受けることができる、納税者本人の合計所得金額が1,000万円以下(給与収入のみの場合には、1,220万円以下)に制限されました。

その上で、所得が900万円、950万円、1,000万円と3段階に分けて控除額が設定されています。

(宮野)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年7月21日

自宅の増築、改築により発生する贈与

知らないところで贈与!になってしまうお話しをいたします。

親の所有している家に、同居している子供、または、同居をする子供が、修繕をすることがあります。

その場合、民法上子供名義で増築の登記をすることができません。

その結果、親が所有する家の価値を子供が上げることになり、子から親への贈与と考えられます。

そして、親が所有する家に対して、子供が組んだ住宅ローンは、住宅ローン控除を受けることはできません。

住宅ローン控除は、

「自己が所有している家に対し、一定の住宅ローンを組み、そして、自己が居住していること」

が要件となっているからです。

(住宅ローン自体組むことができない可能性がございます)

 

そのためによく行う方法が、ある程度の年月が経過した家ですと、評価額が低いため、

親から子供へ家を贈与し、その後、子供が住宅ローンを組み、修繕をすると、

贈与税という問題が解決し、子供が住宅ローン控除の適用を受けることができます。

(その他のローンの要件は満たす必要はあります)

 

また、仮に、一部を子供の持ち物にし、家全体に子供が修繕した場合も、

親の所有している部分に対して贈与したことになるため、その点もご留意ください。

 

(宮野)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年7月20日

M&Aによる事業承継

近年、事業承継の形態として、親族内承継ではなく、親族外承継の割合が増加しているというデータがあります。

親族外承継の中には、親族以外の役員・従業員への承継も含まれていますが、そのほかにM&Aを活用するケースもあります。

M&Aとは、会社の株式又は事業を他社に譲渡することです。

株式や事業の譲渡では、現オーナーにとっては、育ててきた会社・事業をキャッシュに変えることができ、残される従業員や取引先にとっては、買い手によってはシナジー効果(相乗効果)が発揮され、より一層の事業の成長が期待できるケースもあります。

上場会社と異なり、非上場会社では取引所における時価(株価)というものが存在しないため、譲渡金額をいくらとするかという点が大きなポイントになります。

買い手企業が上場会社の場合には、通常、財務デューデリジェンスという手続により、会社の財務状況の調査が行われます。

財務デューデリジェンスによって、時価純資産や正常収益力を判断し、会社・事業の価値評価に反映することになります。

親族外承継、特にM&Aを視野に入れた事業承継対策をとられる会社にあっては、日頃から客観的で透明性の高い会計処理を行い、第三者にも自信をもって自社の財務状況を説明できるようにしておくことが重要です。

(郡司)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

5ページ/ 6« 先頭...23456
@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.