東京都新宿区西新宿の税理士・会計事務所をお探しなら

東京都新宿区西新宿7丁目22番37号 
ストーク西新宿福星ビル3F

2017年9月8日

創業時の資金調達について「Vol.1 融資と出資のメリットデメリット」

 

会社を起業するのであれば絶対に知っておかなければならないことの一つに、

「融資」か「出資」かという大きなテーマがあります。

 

突然ですが、ご自分の会社を車に置き換えて考えてみてください。

車は走り続ける以上、ガソリンを消費します。ガソリンはお金のことです。

会社が存続する以上、若しくは生きている以上、お金は一定額以上出ていきます。

このガソリンがなくなる前に、どこかから新たなガソリンを補給しなければいけません。

一番いいガソリンは「売上」というガソリンです。

売上というガソリンが、減っていくガソリンよりも多くなれば、

毎月の車の走行距離は増えていき、ナビをつけたり、塗装したり、車をアップグレードしていけるサイクルに入ります。

 

しかし、創業当初からこのようにはうまく行きません。

 

ほとんどの事業は当初、「減るガソリン」>「補給するガソリン」の時期があるはずです。

そんな状況において、 「融資」と「出資」は、車に新たなパワーを補給してくれる、高性能のガソリンになってくれます。

この「融資」と「出資」というガソリンを使い分けながら、起業家は会社を維持し、大きくしていかなくてはなりません。

「融資」も「出資」も資金であることに相違はありません。

では違いは何なのか?

それは「調達後の義務」であると言えます。

 

 

■融資の義務は、「返済」と「利息の支払い」の2点です。

 

 

返済開始時期、借入年数及び利率などの条件は、契約ごとに異なりますが、上記の2点については必須の要素となります。

例えば、1,000万円を期間5年で借りたとすると、借りた月から17万円強の返済が生じます。

極端にいえば、その借入金で1,000万円の設備投資をして、次の月に売上があがらなければ、17万円強の返済資金が早くも危ういということになります。

 

すなわち、融資することで先行投資が可能になりますが、投資の成果が出なかった場合などには返済が負担になることがあります。

 

■一方で、出資というのは、「返済」する必要はなく、「利息の支払い」もありません。

 

 

事業を立ち上げたばかりで、今後どうなるかわからないという状況においては、大きなメリットです。

 

しかし、他人から出資をしてもらうことには大きなデメリットがあります。

それは、出資者は株主となり、株式の所有者となるということです。

 

例えば、Aさんが友人BさんCさんと一緒に株式会社を設立。

資本金1,000万円で、自分が代表取締役になったとします。

Aさんは400万円出資し、Bさんに300万円、Cさんにも300万円出資してもらったとすると、会社の株式の40%をAさんが所有していることになります。

 

株式の持ち株比率で決定する事項の中の一つとして、

≪株主総会で決定する、役員の選任や報酬枠の設定などは、原則「過半数」の賛成が必要≫

というものがあります。

 

もし万が一、BさんとCさんが反対勢力になったらどうなるでしょう?

2人合わせると60%の持ち株比率となりますよね。

 

「代表取締役は自分、事業を回しているのも自分。だからこの会社は自分の会社」

そう思うはず。

 

しかし、株式会社においては明確に、経営者よりも「株主」の方が強いのです。

 

つまり、Aさんが51%以上の株式を所有しない限り、BさんとCさんに、取締役から解任される恐れがあるということです。

これは基礎的ですが、本当に重要な知識です。

 

 

以上は、ネガティブな内容にも見えますが、事業に資金は絶対に必要なものです。

調達した資金がもつ性質、コスト及び義務をしっかりと理解したうえで、積極的に活用しましょう。

 

(藤田)

 

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年9月6日

ビットコインの使用によって生じた利益の課税について

国税庁より、「ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係」が公表されました。

ビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となり、所得の種類としては、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除いて、原則として「雑所得」に区分されることが明記されています。

大きな価格の上昇が続いているビットコインですが、得た利益については、適正な所得の申告を行うよう留意が必要です。

(郡司)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

2017年8月26日

個人事業主と法人設立はどちらが有利なの?「Vol.3 決算直前でも可能な節税対策」

「個人事業主と法人設立はどちらが有利なの?【Vol.2 個人と法人で税金はどう違う??】」では、

具体的な数字をもとに、下記の「③経営者の給与」の節税効果について、個人と法人の両方のパターンでの節税効果のお話をしました。

さて今回は、「④生命保険の経費化」について、個人事業主の場合と法人設立の場合のお話をさせていただきたいと思います。

≪個人事業主の場合≫

 

個人事業主の場合には、支払った生命保険は、「生命保険料控除」として税金を計算する上で考慮します。

払い込んだ生命保険料の金額に応じて、その年の所得から一定の金額が差し引かれ、所得税や住民税の負担が軽減される制度です。
所得税や住民税は、所得金額から所得控除の額を差し引いた金額から求めます。所得税の金額は、所得に一定の税率をかけて決まるため、所得控除によって所得が下がると、所得税と住民税も軽減されます。その所得控除の一つが、「生命保険料控除」です。

■生命保険料控除の対象となる保険

1. 生命保険会社との生命保険契約

2. 旧簡易保険や農協、漁協、生協等で契約した、生命共済や年金共済

3. 生命保険会社や損害保険会社と契約し、要介護状態、傷害や疾病によって保険金が支払われる保険契約

※国税庁:生命保険料の対象となる保険契約等⇒https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1141.htm

■年間の支払保険料と控除限度額
<控除限度額表>

生命保険料控除の適用限度額は12万円です。

新 + 新 + 新 = 最高12万円

旧 + 旧 = 最高10万円

新旧混合 = 最高12万円

つまり、どんなにたくさんの保険に加入したとしても、最高で12万円までしか控除が受けられないということです。

≪法人の場合≫

 

法人の場合には、個人事業主と異なり、適用限度額がありません。

そのため、一般的に、法人では生命保険を利用して節税することはよくあります。

また、節税としてだけでなく、会社のリスクに備えたり、退職金対策として活用することもあります。

■長所

1. 経費化されるだけでなく、貸付制度等の利用ができる

⇒支払済みの金額から算定される、定められた一定の金額まで、契約者貸付として一時的に現金化できる。

2. 一時に支払うことで、期末直前でも経費を作れる

⇒決算月の最終平日まで加入が可能。

3. 経費化の金額に際限がない

⇒保険の種類により、全額損金となるもの、半分損金となるもの、または1/3損金となるものがある。

■短所

1. 会社のリスクや長期的な資金繰り等を踏まえてやらないと、加入した目的を果たせない場合がある。

2. 節税額以上に、支出が生じる。

以上のように、同じ生命保険でも、法人と個人では取扱いが異なります。個人では経費にするためには、一定の枠があり、一方、法人はそのような枠がないため、大きな節税が可能となります。

(藤田)

東京都新宿区で税理士・会計事務所をお探しなら「あおい税理士法人」にご相談ください。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あおい税理士法人

〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-22-37 ストーク西新宿福星ビル3階
http://aoitax-tokyo.com
TEL:03-5937-0961

(法人向けサービス)
税務顧問、税務相談/決算及び申告書の作成/税務調査の立会/オーナー経営者の事業承継対策

(個人向けサービス)
所得税の確定申告書の作成/贈与税、相続税の申告/相続対策/その他税に関する各種ご相談
☆業務改善などのコンサルティングサービスも行っています。
☆MFクラウド公認メンバーとしてクラウド会計の導入支援を行っています。

会計監査・合意された手続(AUP)・M&A関連等の公認会計士業務は郡司公認会計士事務所までお気軽にご相談下さい。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

4ページ/ 8« 先頭...23456...最後 »
@AOI Tax Accountant's Corporation Tokyo All Right Reserved.